えくぼsmile

重度重複障がいを持つ息子と二人暮らし。日々ドタバタ介護中・・趣味の自分時間に一息しています。

歯医者5年ぶり

先週、かぶせていた金歯がぽろっと取れてしまい

歯医者へ行ってきました。

 

 

子供の頃からお世話になっている歯医者さん

実家の近くなのでちょっと遠い

車で30分はかかる

 

 

それでも行くのは、慣れているからなのかな・・・

兄も電車に乗って遥々歯医者のためにくる。

 

 

歯医者さんは今はあちこちにあって

車で移動中にも何軒もの歯医者さんや看板を見る

 

 

それでも行けば

必ず先生が「お父さん元気?」って聞いてくる

家族で行っているから、家族事情も知っている。

 

 

 

昔は先生一人でやっていて

予約もなく、待っていればやってくれるというスタイルだった

長年ず〜とそんな感じだったので

行きやすいというのもあったかな。

 

 

始める前に必ず雑談するw

その人柄がきっと長く地元でやっていけるんだろうね。

 

 

先生一人だったので、

よく父は

喋ってないで早くやれっwって言っていたけれど

今となってはそれが人柄でもあり

きっと、診察前の話かけは緊張をほぐすというメリットもあったのかもね。

 

雑談から入るスタイルw

他ではないよね〜

 

 

今は、お子さんたちと家族経営している歯医者さんになって

息子さんと娘さんも診察をしている。

 

 

それでも、先生が診察前にきてくれて話しかけてくれるw

・お父さん元気?

・お母さんが亡くなってどのくらい経つ?

・亡くなったのは確か40代後半だったよね

・お兄さんは、結婚してどのくらいだっけ?

・前に奥さんも連れてきてくれてね

・お子さんはいるんだっけ?

・〇〇の仕事だからいつもビシッとされていてね〜

・お子さんはどうしているの?(私の息子)

・施設に行っているの?(よく覚えてくれている〜)

他諸諸・・・・・・・

結構な会話

じゃあ、せがれに(診察は長男がします)

 

 

先生も結構なお年なのですが、隣で診察していた現役

すごいな〜

私の父より、ちょっと上みたいで(父曰く)

父は77歳なんだけど

80近くで現役の歯医者さんで、この記憶力の良さ

すごいわ〜

 

 

好きなことを仕事にしているんだろうね。

お子さん二人も同じ道を歩んでいるって、幸せだろうね〜

 

 

息子さんは5年前にもみてもらっているんだけど

その時は、看護師さんの方が口調が強かったw

今は、もう立派な先生だね〜

 

 

その時にふと

先生の過去世が浮かび

ウズベキスタンの木彫りか彫刻の職人だったぽいw

それを削っている間に思い出してましたw

 

 

ちなみに、私は地理が苦手で全くわからないので

その国があるのかも聞いたこともなく、場所もわからず、どんな国かも知らないんですが、、、(;´∀`)天然なおバカちゃん

 

 

5年ぶりの歯医者だったけど

虫歯もなく、よく磨けてます〜って言ってもらえたw

被せたところも、詰め直して

掃除してもらって

1回で終わりました。

 

他だと1回ではやってくれないでしょ、、、

それもいいところ。

 

 

歯医者さんのコロナ対策

 

息子が通っている口腔保健センター

・消毒、検温(付き添い含め)

・先生たちは、マスクの上に更にフェースガード、アームガード、手袋

・診察中は、環境の機械を付けています。

ホース見たいな、、、電気とかバキュームと同じようにホースで移動できて、結構ガーガー言ってる換気の風が出ている。

 

 

私が行った歯医者さん

・検温

・隣との境にビニールカーテン

・診察前に、リステリンみたいな緑の液体を渡されてうがいする

・診察中に手術用みたいな顔全体を覆うフェースシート(口だけが空いている)をする

・入り口、待合、診察室、全開放

 

先生たちは、完全防衛しています。

装備だけでも大変だよね。有り難いです。

 

 

 

 

今週は、

息子の1つの施設さんが1週間お休みなので

私も送迎がない分、時間に余裕ができていて

このタイミングで歯医者も行けてよかった。